健康や美容のために高濃度の水素を選ぶ理由とは?そのエビデンスは? | 株式会社ネクセレント

2020年03月21日 12:15

高濃度水素で豊かな生活を!水素吸入器をお探しなら株式会社ネクセレントヘ

人生100年時代と呼ばれるように、老後を長く健康的に過ごせるよう心がけたいものです。そこで注目されているのが高濃度水素の活用です。特に、水素水ではなく水素吸入の場合は、水素をより効率的に体内へ取り込むことができます。

◇水素商品を選ぶ重要なポイント
・水素ガス生成の場合は、水素ガス濃度測定器で水素ガス濃度を測定している商品
・水素水の場合は、溶存水素濃度測定器で水素濃度を測定している商品
・第三者機関で水素濃度が証明されている商品

株式会社ネクセレントでは小型・ポータブル式高濃度水素吸入器・高濃度水素水生成器「ダブル水素ボトル」の販売を行っています。首都圏を中心に製品説明・出張体験会も開催していますので、水素吸入器をご検討されている方は、ぜひ株式会社ネクセレントにご相談ください。

水素は、健康や美容を保ちたい方に注目されています。
しかし、水素は高濃度でなければならないと言われています。
水素はなぜ高濃度で摂らなければいけないのでしょうか。理由をご紹介します。


健康や美容を保ちたい方に注目されている水素。
しかし、その水素も濃度が高濃度でないと身体に届かないというのは、あまり知られていない事実です。
特に水素水では濃度が低く、半数以上が身体に吸収されないまま体外に排出されてしまうという研究結果(エビデンス)も出ています。
そこで現在注目されているのが、水素吸入器です。
元々は医療機関で使われていた高性能で高額な機器であり、水素を高濃度で吸入することが可能なものとなっています。
今回は、高濃度の水素を選ぶ必要性と水素吸入器を選ぶ際に重要なエビデンスに関してご紹介していきます。

高濃度の水素を選ぶ理由とは?

水素濃度というのは、数値が高ければ高いほど濃度が高く、単位の濃度は「ppm」で表記されます。

水素濃度は高濃度であればあるほどいいですが、一度に身体に吸収される水素というのは限界があり、約60%の水素は身体に吸収されることなく体外に排出されてしまいます。
この身体から排出される60%を考慮すると、水素水を飲むにしても、水素ガスを吸入するにしても、より高濃度の水素であるかどうかが、重要なポイントです。
また、その性能(濃度)を第三者機関により証明されている製品を選びましょう。

「ダブル水素ボトル」は
10,000ppm以上の高濃度水素ガスと1.0ppm以上の高濃度水素水を生成することで
身体に有効な水素を効率的に摂ることができます。
また、第三者機関による水素分析結果報告書を取得しています。
こうした面からも、他の水素吸入器より水素を摂取する際におすすめの製品といえます。

株式会社ネクセレントでは
小型・ポータブル式高濃度水素吸入器・高濃度水素水生成器「ダブル水素ボトル」の販売を行っています。
ご家庭や職場で水素吸入器を導入したい方は、ぜひ株式会社ネクセレントにお問い合わせください。

健康のために高濃度の水素を選ぶ必要性

ここまでは水素の最適な水素濃度に関してご紹介してきました。
ではなぜ健康のために高濃度の水素を選ぶ必要があるのでしょうか。

まず、水素は約60%が身体に吸収されずに、体外から排出されてしまうということは上記でもご紹介しました。
これは研究によってしっかりとエビデンスも出されたものであり、
水素を摂る際はあらかじめ60%は吸収されないということを事前に考慮する必要があります。

そして高濃度の水素を選ぶ必要がある2つ目の理由として、
水素は徐々に抜けてしまうという性質があるためです。
例えば炭酸飲料水をイメージしてください。
炭酸飲料水は放っておくと徐々に炭酸が抜けてしまいます。
これは水素水にも起きる現象です。
つまり水素水を一度コップに入れた状態で放置していると、
時間が経つにつれて水素濃度が下がってしまいます。
そこで高濃度の水素を選ぶ必要があるというわけです。

水素吸入器は高濃度の水素を発生させ、さらに液体よりも吸収効率がいい、
気体によって水素を摂ることが可能です。
水素吸入器は、水素水などで水素を摂るよりもはるかに効率がよいといえます。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)